カテゴリイメージ
  • TOP>
  • 理事長ご挨拶

理事長ご挨拶

理事長コラム"理事長室へようこそ"はコチラから。

写真:藤澤理事長

当財団は平成24年に公益財団に移行して5年を経過しました。公益法人への移行に当たっては、従来からの健診検査機関としての位置づけを基本とするものの、健診検査事業から得られたデータを調査分析し、その研究成果を県民の健康づくりに役立てる調査・研究機能も付加した検診専門機関へと基本的コンセプトを転換しました。

以来5年が経過しました。その間、健診検査事業の充実に加えて、地域や産業分野における健診検査に最新の検査を追加するモデル事業の推進や調査分析結果を県民の健康づくりに役立てるとともに調査研究ジャーナルに研究論文として掲載するなど公益法人化の目的は確実に達成されつつあるものと考えております。

当財団の基幹事業である日常の健診検査、診療、人間ドックでは受診者様1人ひとりに満足していただけるよう、マナー向上や精度管理に努めているところです。臨床検査では千葉県で初めてISO15189の認定を取得し、職員の知識と技能が国際レベルにあることが証明されました。また職員のマナー等でも一層の向上を図っておりますが、お気づきの点がありましたら是非ご指摘ください。

このように5年間における健診専門機関としての事業は確実に向上しているものと考えております。これからも役職員一同、力を合わせて結核をはじめとする感染症、がん、生活習慣病などの予防に関する支援並びに県民の皆さまの健康づくりに向けた普及啓発と調査研究を行い、公益法人としての使命を全うしてまいります。

平成29年4月1日

公益財団法人ちば県民保健予防財団
  理事長 藤澤 武彦