• TOP>
  • 「労働安全衛生法に基づく定期健康診断等の項目の改正について」

「労働安全衛生法に基づく定期健康診断等の項目の改正について」

労働者の健康確保対策の充実強化を図るため、労働安全衛生法に基づく定期健康診断等の項目が平成20年4月1日より改正されます。

【主な改正のポイント】

1.健康診断項目の追加・変更
  ①腹囲の検査を追加
  ②血中脂質検査のうち、血清総コレステロールをLDLコレステロールに変更

2.健康診断項目の省略基準の策定と変更
  ①腹囲検査の省略基準の策定(以下の者は、医師の判断により省略可)
   ・40歳未満(35歳を除く)者
   ・妊婦等で腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していないと判断された者
   ・BMIが20未満である者
   ・BMIが22未満であって、自ら腹囲を測定し、その値を申告した者
  ②尿糖検査の必須化

3.その他
  ①腹囲の簡易な測定方法について
   ・着衣の上から測定可能(実施値から1.5cm差し引いた値を記載)
   ・健診会場において労働者が自己測定することも可能
  ②問診時における喫煙歴、服薬歴の聴取の徹底


 
 

労働安全衛生法に基づく定期健康診断等の項目の改正について(パンフレット) PDF

詳しくは最寄りの都道府県労働局又は労働基準監督署までお問合せください。