調査研究・助成事業

公募による調査研究事業

千葉県における健康づくりの増進と健康課題の解決を目的として、平成24年度より、県内の研究機関等からテーマを公募し、委託または共同で研究を実施して研究費を助成する事業を行っています。

募集概要

令和3年度の募集を開始しました。
詳細は募集要項をご覧ください。

受付期間 令和3年4月1日(木)~5月14日(金) 申請書必着                                                                              

【ダウンロード】 

1. 募集要項

2. 申請書注意事項

3. 申請書

調査研究事業申請フォームはこちら

【照会先、申請先】

〒261-0002 千葉市美浜区新港32番地14
公益財団法人ちば県民保健予防財団
調査研究部調査分析課
TEL 043-246-8606 

これまでに採択された研究

令和2年度調査研究事業助成
令和2年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、事業を中止しました。

 

令和元年度調査研究事業助成
令和元年度は26件の応募がありました。
これを受けて令和元年6月28日に開催した調査研究事業選考会における審議の結果、以下の6件への助成が決定しました。
申請者 研究テーマ(事業名称)
千葉大学予防医学センター
准教授 櫻井 健一
千葉出生コホート調査を基盤とした小児肥満・メタボリックシンドロームのリスク因子に関する研究
千葉大学医学部附属病院
呼吸器内科
助教 川田 奈緒子
慢性閉塞性肺疾患(COPD)のスクリーニングのための呼気ガス成分分析を含むバイオマーカー探索研究
千葉大学国際教養学部
准教授 山口 智志
千葉県におけるロコモティブシンドローム、サルコペニアの発生、進行のリスク因子に関する前向きコホート研究
千葉大学予防医学センター
特任助教 武藤 剛
IoT活用による、歩行・姿勢・ロコモティブシンドローム分析と身体活動量測定による介護予防リスク低減の評価
千葉県衛生研究所
細菌研究室
研究員 中村 正樹
特定地区における優勢分布結核菌株の特定
千葉大学大学院医学研究院
消化器内科学
教授 加藤 直也
胃癌検診におけるAI(artificial intelligence)を用いた2次読影支援機能の開発

 

平成30年度調査研究事業助成

平成30年度は15件の応募がありました。
これを受けて平成30年6月20日に開催した調査研究事業選考会における審議の結果、以下の7件への助成が決定しました。

申請者 研究テーマ(事業名称)
千葉大学医学部附属病院
検査部
教授 松下 一之
治療法・診断法がある遺伝性がんに対する千葉県内における検診体制の確立
千葉大学予防医学センター
准教授 櫻井 健一
千葉出生コホート調査を基盤とした小児肥満・メタボリックシンドロームのリスク因子に関する研究
千葉大学医学部附属病院
腫瘍内科
准教授 新井 誠人
大腸ポリープの内視鏡視認性における3Dモニターシステムの有用性の検討
千葉県こども病院
遺伝診療センター
センター長 村山 圭
新生児ライソゾーム病スクリーニングのパイロットスタディ
千葉大学医学部附属病院
呼吸器内科
助教 川田 奈緒子
慢性閉塞性肺疾患(COPD)のスクリーニングのための呼気ガス成分分析を含むバイオマーカー探索研究
千葉大学大学院医学研究院
消化器内科学
教授 加藤 直也
胃癌検診におけるAI(artificial intelligence)を用いた2次読影支援機能の開発
千葉大学医学部附属病院
循環器内科
医員 中込 敦士
地域レベルの構造的ソーシャルキャピタルと高血圧症の関連:JAGES2016横断研究

 

平成29年度調査研究事業助成

平成29年度は17件の応募がありました。
これを受けて平成29年6月21日に開催した調査研究事業選考会における審議の結果、以下の9件への助成が決定しました。

申請者 研究テーマ(事業名称)
千葉大学医学部附属病院
マススペクトロメトリー検査診断学寄附研究部門
特任准教授 佐藤 守
メタボロミクスにより見出された新しい大腸がんリスクマーカーGTA-446のがん検診における有用性に関する研究
千葉大学大学院医学研究院
呼吸器病態外科学
助教 中島 崇裕
背景肺異常を有する肺癌の早期発見を目指した新たなスクリーニング方法の開発
千葉大学大学院医学研究院
呼吸器内科学
教授 巽 浩一郎
慢性閉塞性肺疾患スクリーニングのための、併存症としての骨粗鬆症を含むバイオマーカー探索研究
千葉大学医学部附属病院
消化器内科
講師 新井 誠人
大腸ポリープの内視鏡視認性における3Dモニターシステムの有用性の検討
千葉大学医学部附属病院
検査部
准教授 松下 一之
治療法・診断法がある遺伝性がんに対する千葉県内における検診体制の確立
千葉大学予防医学センター
准教授 櫻井 健一
千葉出生コホート調査を基盤とした小児肥満・メタボリックシンドロームのリスク因子に関する研究
千葉大学大学院医学研究院
環境労働衛生学
講師 能川 和浩
身体機能・認知機能と健康・安全に関する研究
国立がん研究センター東病院
サポーティブケア室
副サポーティブケアセンター長
坂本 はと恵
働くがん患者の就労支援に関する研究-職場と医療機関の連携体制づくりと有用性評価-
千葉県こども病院
代謝科
部長 村山 圭
新生児ライソゾーム病スクリーニングのパイロットスタディ

総合センターへのアクセス

■ 徒歩の場合

JR京葉線、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」から約17分又は京成千葉「西登戸駅」から徒歩約15分

■ バスの場合

コチラの時刻表をご参照ください。

■ お車の場合

カーナビに財団の代表電話番号(043-246-0350)をご入力いただき目的地に設定してください。

ページトップへ