• TOP>
  • 「平成28年度ちば県民保健予防基金」助成金交付式を行いました。

「平成28年度ちば県民保健予防基金」助成金交付式を行いました。

千葉県民の公衆衛生向上、健康増進を目的とした、結核等感染症・がん・生活習慣病などの疾病対策や予防活動を支援する「ちば県民保健予防基金」。平成28年度の助成につきましては、平成28年3月17日に開催いたしました審査委員会の審議の結果、総申請数27件の中から以下の11件の事業への助成金交付が決定し、平成28年4月22日に交付式を行いました。

▲当財団理事長と受賞者の皆さん

▲当財団理事長と受賞者の皆さん


▲懇談会の様子

▲懇談会の様子


「平成28年度ちば県民保健予防基金」助成金交付の決まった皆様(敬称略・職位は交付時のもの)
助成対象事業名称 申請者名称 申請代表者
噛ミング30の歯科的調査事業 一般社団法人千葉県歯科医師会 会長
斎藤 英生
心不全の在宅医療を実践できる薬剤師育成プログラムの開発 千葉大学大学院薬学研究院分子心血管薬理学 教授
高野 博之
治療法のある遺伝性疾患に対する遺伝学的検査と遺伝カウンセリングネットワークの構築 千葉大学大学院医学研究院分子病態解析学 准教授
松下 一之
食育健康料理教室 公益社団法人千葉県栄養士会 代表理事
長谷川 克己
千葉県における小児結核診療体制の構築 千葉大学真菌医学研究センター感染症制御分野 准教授
石和田 稔彦
オルガノイド培養を用いた新規卵巣癌モデルの確立 千葉県がんセンター研究所発がん制御研究部 部長
筆宝 義隆
レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を用いた肥満症に関する実態調査 千葉大学大学院医学研究院地域災害医療学寄附講座 特任助教
松本 淳子
慢性呼吸器疾患に対する新規バイオマーカーの探索研究 千葉大学大学院医学研究院呼吸器内科学 助教
伊狩 潤
放射線療法を受ける乳がん患者の有害事象発症予防のセルフケア行動 千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター認定看護師教育課程(乳がん看護) 特任助教
井関 千裕
肺癌治療法へ向けたNKT細胞におけるAhRシグナルの作用機構の解明 千葉大学大学院医学研究院免疫細胞医学 助教
髙見 真理子
出生コホートにおける生体サンプル(母乳、血清)中Thymic Stromal Lymphopoietin値とアレルギー疾患との関連研究 千葉大学医学部附属病院小児科 特任助教
山出 史也