• TOP>
  • 「平成19年度ちば県民保健予防基金」助成金の交付を行いました。

「平成19年度ちば県民保健予防基金」助成金の交付を行いました。

千葉県民の公衆衛生向上、健康増進、結核などの感染症、がん、生活習慣病などの疾病対策、予防活動の支援を目的として設立した「ちば県民保健予防基金」。平成19年度の助成につきましては4月に開催された、当財団基金審査会における審査により、以下の事業への助成を決定しました。

「平成19年度ちば県民保健予防基金」助成金交付事業名及び交付先(敬称略)
事業名 交付先
健康づくり推進事業(習志野市に登録している健康づくり推進員による市民への健康づくり普及啓発活動の支援) 習志野市 荒木 勇
生活習慣病対策口腔保健モデル事業千葉県版 社団法人千葉県歯科医師会 岸田 隆
看護ボランティア事業 社団法人千葉県看護協会 新井 藤江
卵巣がん診断における CT colonography の有用性と安全性の検討 千葉県がんセンター婦人科 加藤 一喜
千葉県におけるチリトロールを用いた医療施設臨床検査値統一化研究事業 社団法人千葉県臨床検査技師会 才藤 純一
時相の異なる画像を用いた個人認証システムの開発 千葉大学医学部附属病院放射線科 山本 正二
分子生物学的手法と臨床データを組み合わせたテーラーメード肺がん術後Adjuvant療法の確立 千葉大学大学院医学研究院胸部外科学 鈴木 実
県民の健康増進を支援する薬剤師・栄養士連携システムの構築 千葉大学大学院薬学研究院高齢者薬物学講座 上野 光一



なお、当基金では、来年度も引き続き、千葉県民の公衆衛生向上、健康増進、疾病対策など、予防活動に邁進される皆様を支援して参ります。来年度の応募の詳細につきましては募集開始が近くなりましたら、ご覧のサイトや広報誌「けんこうChiba」等にてお知らせする予定です。