カテゴリイメージ

平成28年度調査研究事業助成対象者一覧

当財団では平成24年度より、県民の皆様の健康づくりに役立つ健康課題等に関する調査研究を推進するため、県内の研究機関等から研究課題の公募を行っています。平成28年度は13件の応募がありました。これを受けて平成28年6月21日に開催した調査研究事業選考会における審議の結果、以下の10件への助成が決定しました。

申請者 研究テーマ(事業名称)
千葉大学大学院医学研究院
整形外科学
准教授 大鳥精司
千葉県におけるロコモティブシンドローム検診事業の確立に関する研究
千葉大学医学部附属病院
マススペクトロメトリー検査診断学寄附研究部門
特任准教授 佐藤守
メタボロミクスにより見出された新しい大腸がんリスクマーカーGTA-446のがん検診における有用性に関する研究
千葉大医学部附属病院
助教 中島崇裕
背景肺異常を有する肺癌の早期発見を目指した新たなスクリーニング方法の開発
千葉大学大学院医学研究院
呼吸器内科学
教授 巽浩一郎
慢性閉塞性肺疾患スクリーニングのための、併存症としての骨粗鬆症を含むバイオマーカー探索研究
千葉大学医学部附属病院
循環器内科
医員 中込敦士
早期糖代謝異常が動脈硬化に及ぼす影響に関する年代別検討
千葉県衛生研究所
ウイルス研究室
室長 小川知子
子宮頸がん検診時におけるヒトパピローマウイルス(HPV)の疫学調査
千葉県がんセンター
研究所
所長 永瀬浩喜
新たな健診技術の確立を目指した千葉県がん患者の遺伝子変異調査とその血液試料からの診断方法の確立
国立病院機構千葉東病院
小児科医長 金本勝義
小児慢性腎臓病(CKD)の早期発見・治療における千葉県学校検尿システム構築に関する研究
国立病院機構千葉東病院
診療部長、腎センター長 今澤俊之
千葉県における腎疾患動態把握による透析患者数削減に向けた戦略立案
国立がん研究センター東病院
サポーティブケア室
副サポーティブケアセンター長
坂本はと恵
働くがん患者の就労支援に関する研究-職場と医療機関の連携体制づくりと有用性評価-