カテゴリイメージ
  • TOP>
  • 基本理念及び基本方針

基本理念及び基本方針

当財団は総合健診機関として社会貢献を目指すため、「基本理念及び基本方針」及び「受診者様の権利と義務」を定め、この理念に基づいた医療サービスの提供を通して、皆様の健やかな毎日への貢献を目指しています。

基本理念及び基本方針

基本理念

私たちは、健診・検査・調査研究を通じて、疾病の早期発見・予防に努め、県民の皆様一人ひとりの健康づくりを支援し、地域社会に貢献します。

基本方針

  1. 県民の皆様から、「信頼」「満足」「安心」いただける正確で迅速な健診・検査を実施します。
  2. がん、感染症、生活習慣病予防などの健診機関として、精度の高いサービスを提供します。
  3. 公衆衛生や予防医学の向上に寄与し、県民の健康づくりを支援するため、調査研究に取り組むとともに、普及啓発に努めます。
  4. 公益法人として、公正かつ透明な事業活動に徹するとともに、豊かな社会の実現に尽力します。

基本方針を実現するための方策

受診者満足度の向上
受診者に満足いただけるサービスを提供するため、受診者のご意見ご要望を把握し、一人ひとりのニーズに対応した正確で迅速なサービスの提供を心がけ、職員全員で取り組みます。
品質管理
精度管理事業へ参加するとともに、第三者機関による評価を受け、精度の維持・向上に努めます。また、学会や研修会などへの参加及び資格取得に取り組み、職員の能力の向上に努めます。
調査研究、情報提供
豊富な健診データを活用して地域性を踏まえた調査研究に努めます。また、県民の健康維持・向上に資するため、健康づくりの啓発や保健、医療及び福祉に関する情報を提供します。
公正な事業活動
健診機関として法令を遵守するとともに社会的責任意識を持ち、公正、かつ健全な事業活動の推進に努めます。
情報セキュリティ・プライバシーの保護
個人情報は個人の重要な財産であると認識し、JIS Q 15001に即したコンプライアンス・プログラムに基づき、個人情報の保護・管理に努めます
職場環境
職員の安全と健康の確保に努め、働きやすい、やりがいのある職場づくりに取り組むとともに、仕事を通じて自己実現や自身の成長を図れるよう支援します。
環境保全
医療廃棄物の適正な取り扱いや省エネルギー、リサイクル促進に積極的に取り組み、環境と調和した持続可能な社会の実現に向けて環境に与える負荷を低減し、限りある資源の有効活用を行います。
リスクマネジメント
健診などのリスクを把握し、事故の防止、迅速かつ的確な事故後の対応などリスクマネジメントを徹底します。

受診者様の権利と義務

受診者様に適切な健診・診療・検査を受けていただくためには、受診者様と当センターの信頼関係が大切です。そのため、より良い健診・診療・検査を行うための、受診者様の権利と義務を次のようにいたしますので、ご理解のほどお願いいたします。

【受診者様の権利】
  1. 誰でも安全かつ良質な健診・診療・検査を受けることができます。
  2. 健診・診療・検査について十分な説明を受け、理解したうえで健診・診療・検査内容の選択をすることができます。
  3. 他の医療機関のセカンドオピニオンを希望される場合は、当センターの関係資料を求めることができます。
  4. 健診・診療・検査上得られた記録や情報の開示を求めることができます。また、個人情報は常に保護されます。
【受診者様の義務】
  1. 適切な健診・診療・検査をご提供するために、ご自身の情報(自覚症状、既往歴、内服薬など)を正確にお伝えください。
  2. 健診・診療・検査を安全かつ効果的に実施するため、健診中、検査中に体調の変化が生じた場合は医療スタッフに速やかに伝え、その指示に従ってください。
  3. 健診・診療・検査を快適かつ効果的に受診していただくために、他の方の迷惑となる行為や業務に支障をきたすような行為は厳につつしんでください。