高気圧作業健康診断(高気圧作業安全衛生規則第38条)

 高圧室内業務又は潜水業務など高気圧作業に従事する労働者に対しては、雇入れの際、当該業務への配置替えの際及びその後6ヶ月ごとに1回、定期に以下の項目の健康診断をじなければなりません。

 また第1次検査の結果、医師が必要と認めたものについては、第2次検査を実施しなければなりません。
 

第1次検査
既往歴及び高気圧業務の調査
自覚症状又は他覚症状の有無の検査
四肢の運動機能の検査
鼓膜及び聴力の検査
血圧測定
尿糖及び尿蛋白の検査
肺活量の検査
第2次検査
(1次検査の結果医師が必要と認めた者について実施しなければならない項目
作業条件の調査
肺換気能検査
10 心電図検査
11 関節部のエックス線直接撮影による検査

戻る

※尚、以上の資料は参考資料として載せたものです。健康診断を行う際は、もう一度法律等の条文をご確認ください。